導入費用は約8年で元が取れる

太陽後発電システムの導入費用は一般的に高額です。屋根の大きさやその他の条件によってその導入費用は大きく変わりますが、一般家庭の一戸建て住宅の屋根であっても数百万円の費用がかかることもあります。それだけお金をかけて、その後の電気代が無料になるとしても、いったい何年たてばその電気代の累計金額が、初期導入費用を超えてプラスに転じるのかといったことを気にされる方も多くいらっしゃるかと思います。

補助金の活用

それはもちろんかかった初期導入費用の金額や、発電される容量、毎月どれくらいの電気を消費して電気代がかかるのかによっても変わりますが、東京都の場合を例にとれば、平均して約8年ほどで元がとれる、つまり無料になった電気代の累計が8年間で初期導入費用を超えることになる、そのようなケースであると言われています。通常はプラスに転じるようになるまではもう少し期間がかかるとみられているのですが、経済産業省や地方自治体から出される補助金を利用することによって、初期導入費用をかなり圧縮できることが大きいものと思われます。具体的な内容ですが、初期導入費用に185万円かかったケースをみれば、経済産業省の補助金が1キロワットにつき7万円支給されます。この補助金を利用することによる初期費用の圧縮が、導入費用を短期間でペイして元が取れる大きな要因になっているといっていいでしょう。無料なのだから電気を使い放題だと無駄に電気を使わず節電することによって、余剰電力を発生させ、それを買い取ってもらうことでさらに元をとるまでの期間を短くすることができるでしょう。この太陽光発電システムの導入による収益は、電気代が無料になることの他に、使わずに余った電力を電力会社に売る「売電」ができることです。

めったに故障しない

一般的に、太陽光発電システムには10年間のメンテナンス保証がついています。その間は故障しても、無償で修理をしてもらえるということです。特に近年のこのシステム設備は技術的に発達したものが多く、普通に使っているかぎり簡単に壊れてしまうものはほとんどありません。

尚、太陽光発電を導入するならタイナビがおすすめです。詳しくはタイナビ口コミを参照ください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ