農地や空き地を有効利用しよう

現在使われていない農地や空き地をお持ちの地主さんにおすすめしたいのが、空いた土地を利用した太陽光発電システムの設置です。それら遊休地とよばれる現在使用されていない土地に、マンションを建てるとか、コインパーキングなど駐車場の設置をするなど、さまざまな活用方法がありますが、現在新しい活用方法として多く提案されているのが、太陽光発電システムを設置することです。都市部の遊休地であればマンションの建設や、駐車場に利用することが有効かと思われます。しかし、人工の少ない郊外の遊休地となると、それらの活用方法は効率のよい手段とはいえません。期待するほどの収益を得られないことがほとんどでしょう。そのような遊休地に関しては、太陽光発電システムの設置をおすすめします。

安定した収益が得られる

遊休地に太陽光発電システムを敷設して、規模の小さな発電所を土地に作るものだと考えてください。この形式であれば都会であれ、郊外であれ、人口等に影響されることもなく、安定した収益を上げることができます。遊休地に設置した太陽光発電システムによって発電された電力は、全量買取制度の導入によってすべて電力会社に買い取ってもらうことができます。現在その買い取り金額は1キロワット当たり42円となっており、2012年より20年間は変動がないこととされています。そのため、安定した収益の発生が見込まれます。

土地を借りて設置しよう

自分で土地を持っていない方も、あきらめてしまう必要はありません。遊休地を借りることによって、この太陽光発電システムによる電力買取収益を得ることができます。特に郊外には使われていないままになっている土地が多くあります。雑草がおいしげり、都会に住む方の感覚では土地を利用せずに放置することをもったいないと思われるでしょうけど、郊外ではへたにお金をかけて何かに転用するよりも、そのままにしておいたほうがいいと考えておられる地主さんも多くいらっしゃるのです。それでも毎年固定資産税を払わねばならず、安い地代であっても収益になるのであれば喜んで貸したいと考えている地主さんも多いかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ