電力は高く売れる

太陽光発電システムで作った電力は、家庭ではそのまま家庭内での電力消費にあてるものと思います。また、ためておくこともできますし、さらに現在は売ることもできるのです。
これは俗に「売電」とよばれ、2009年より開始された「余剰電力買取制度」のことをさします。その名が示すとおり、太陽光発電システムによって得られた電力のうち、家庭で使いきらなかった電力を電力会社に買い取ってもらえる制度です。また、工場などに設置している産業用の太陽光発電システムにおいても同様で、余剰電力を電力会社に買いとってもらうことができるのです。

余剰電力の買取金額

この制度の買い取り金額ですが、10年間のスパンで決められることになります。現在は1キロワットあたり42円で買い取られているようです。太陽光発電システムの導入によって、家庭で使う電気代が無料になったうえ、さらに余った電力を買い取ってもらえることで、経済的なメリットがより大きくなることでしょう。そのような制度がありますので、作られた電力はすべて使いきらなくてはいけないといったことはなく、家庭で節電を心がけることで、余剰電力をより多く発生させ、それを電力会社に買ってもらうことで、より大きな収益が得られることになります。

より効率よく発電しよう

電力の買取金額は電力会社が決めるのではなく、国が決めています。買取の総量は特に規定がないため、電力が余れば余っただけすべて買い取ってもらうことができます。まず太陽光発電システムを導入する際には、より効率よく電気を作れるような設備の設置を考えましょう。まず、太陽光パネルの面積、角度、設置する方角、それらをメーカーや小売店と相談のうえどのような形式にすればより多くの電力を作ることができるかを確認したうえで設置したほうがいいでしょう。太陽光パネルは多数のメーカーからさまざまな製品が販売されています。自宅において最も効率よく発電できる太陽光パネルはどれなのか、いくつものメーカーや業者に話を聞いたうえで最終的に決めたほうがいいでしょう。

尚、余剰電力を売らずにオール電化を導入するのもメリットは大きいと言えます。詳しくは以下のサイトを参照ください。

オール電化まるわかり – 導入費用、メリット、デメリットなど

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ